南山城村インドアホッケー大会

ホッケー5 ルールガイド

試合時間 試合は、前後半無しの10分で行います。
勝 敗 決められた時間内で得点を多く取ったチームが勝者となる。順位決定トーナメントで同点の場合は、次の延長戦を行う。その他のリーグ戦では同点引き分けとし、延長戦は行わない。
延長戦は、1対1で行い、センターラインからブリ-で開始され、どちらかのチームが得点をあげた時点で競技終了となり、その得点を挙げたチームが試合の勝者となる。
チームの人数
出場登録選手

出場登録選手は、1チーム10名で、最大5名の交代選手を置くことが許され、コートに立てるのは、各チーム最大5名で、ゴールキーパーは置かない。
交代選手を次に示す方法で交代させることが出来る。
①プレーヤーの交代は、いつでも行うことが出来る。
②同時に交代できるプレーヤーの数に制限はなく、何人でも交代することが出来る。
また、交代する回数も制限なく、一人のプレーヤーは何度交代してもかまわない。
③プレーヤーの交代は、コート内にいるプレーヤーがコートの外に出た後でなければ許されない
④コートへの出入りはアンパイアが認めたサイドのコートのセンターラインから3m以内の場所で行わなければならない。

コート

①コートは長方形で、【縦28m、横14m】とする。長い方を「サイドライン」、短い方を「バックライン」と呼ぶ。
②バウンドボードはサイドラインとゴールラインを除くバックラインに沿って置かれる。
③両バックラインの中心から中央に向かって8m、両サイドラインから3mの内側のエリアをペナルティエリアとする。

用 具 主催者が用意したスティックとボール、ゴールのみ使用可とする。
試合の開始と再開

①トスにより、トスに勝ったチームが、攻撃するゴールか、センターパスで試合を始めるかのいずれかを選択できる。
②トスの結果、センターパスを選択したチームのプレーヤーによって試合を開始する。
③センターパスは、フィールドの中央で行う。どんな方向にボールをプレーしても構わない。
④得点の後には、その得点を入れられた側のチームのプレーヤーによって行われる。

ボールがフィード外に出た時

①ボールが、サイドラインまたはバックラインに置いてあるボードを完全に超えた時、ボールはアウト・オブ・プレー(プレー中断)になる。
②アウト・オブ・プレー(プレー中断)になる直前にボールに触れたりプレーしたりしたチー ムの相手側プレーヤーによってプレーが再開される。
③ボールがサイドラインに置いてあるバウンドボードを超えた場合、そのラインを横切った地 点の1m範囲内の場所から再開される。(セルフパス適用)
④ボールがサイドラインを超えた地点が8m内であって、最後にボールに触れたのが守備側プ レーヤーであったならば、バックラインから8mで、しかもサイドラインから1m範囲内の場所からプレーが再開される。その再開はセルフパスが適用される。
⑤ボールがバックラインに置いてあるボードを超えて得点ではない場合、最後にボールに触れたのが攻撃側プレーヤーであったならば、ボールが出たポイントから延長線上の8m付近にボールを置いてプレーが再開される。最後にボールに触れたのが守備側プレーヤーであったならば、ボールが出たポイントから延長線上付近のペナルティエリア(8m)外にボールを置いてプレーが再開され、セルフパスが適用される。
セルフパスについて
・セルフパスを行なうプレーヤー以外のプレーヤーは、ボールから3m以上離れていなければならない。
・ボールが少なくとも3m以上動かされるか、セルフパスを実施するプレーヤー以外のプレーヤーに触れられるまでは、ゴールに向けてシュートを打つことはできない。

得点となる条件 フィールド内のどこであっても、ボールに攻撃側か守備側プレーヤーが触れていれば得点が認められる。
チャレンジとSO
(シュートアウトについて)
●チャレンジが与えられる場合
自陣ペナルティエリア内において守備側のプレーヤーに反則があった場合。
※通常のホッケーの試合のPCにあたる反則があった場合
●チャレンジの方法
①チャレンジを取得したプレーヤーが攻撃を行い、チャレンジを取られたプレーヤーが守備を 行う。
②チャレンジを行うプレーヤー1名と守備側のプレーヤー1名以外のプレーヤーはすべて「チ ャレンジ」を実施するエリアとは反対側のペナルティエリアの内側にいなければいけない  
③チャレンジの攻撃をするプレーヤーは8mラインから開始し、守備をするプレーヤーは守る べきペナルティエリア内にいて、ボールから少なくとも4m離れておかなければならない。 ④攻撃側がプレーを始めたら、守備側のプレーヤーは動き始めることができるし、ペナルティエリア内に待機していた両チームのプレーヤーもエリア外から出ても構わない。
★攻撃側のプレーヤーは,3m以上ボールを動かさないとシュートすることは出来ない。 ⑤チャレンジ中のエリア内での反則は再チャレンジとなる。
●SO(シュートアウト)が与えられる場合   
守備側プレーヤーによる自陣ペナルティエリア内で故意の反則が起こった場合、または、その反則がなければ明らかに得点であったとみなされた場合。
※通常のホッケーの試合においてPSとみなされる反則があった場合
●SO(シュートアウト)の方法
①SOを取得したプレーヤーが攻撃を行い、SOを取られたプレーヤーが守備を行う。
②SOを行うプレーヤー1名と守備側のプレーヤー1名以外のプレーヤーはすべてSOを実施 するエリアとは反対側のペナルティエリアの内側にいなければいけない。
※攻守に参加することは出来ない。
③SOが解除されるのは、得点が入った場合、もしくはSOをしているエリアのラインをボール が越えた場合、またはサイドライン及びバックラインに設置されたバウンドボードを越えた場 合。その時点で必ずゲームを止めて再開プレーとする。 得点が入った場合はセンターラインから、8mラインを越えた場合は守備側のフリーヒットか らの再開となる。
ヒットストローク
スウィープヒット
★今大会においては、ヒットストローク(スウィープヒットを含む)の使用は認めない。

アクセス

レイクフォレストリゾート
京都府相楽郡南山城村大字南大河原小字新林

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP